7月8日の誕生花・蓮(ハス)

7月8日の誕生花と花言葉は、都草[みやこそう](また逢う日まで)、トルコ桔梗(良い語らい)、カンパニュラ(感謝・大望・不変・貞節・誠実)、グァバ(強健)等々があります。今回は、蓮[はす]を取り上げます。花言葉は、「雄弁」です。

スイレン科ハス属の植物です。古名の「蜂巣(はちす)」は、花後にできる果托が蜂の巣に見立て付けられたようです。はちすから転訛で「はす」と呼ばれるようになりました。ハスの花は仏教とともに伝来し古くから「蓮華」(れんげ)とも呼ばれ、また地下茎は「蓮根」(れんこん、はすね)と呼び、野菜名として使われています。

仏教でハスは泥水の中から生じ清浄な花を咲かせ泥には染まらない姿が様々に意匠されています。如来像の台座は蓮華をかたどった蓮華座であったり、厨子の扉の内側に蓮華をかたどった彫刻が使われています。